千葉転職センターTOPお役立ち情報 > 円満退社・円満退職のステップとコツ
円満退社のステップとコツ

新しい会社で心置きなく活躍するために。、就業規則に従った円満な退社・退職を心がけましょう。

退社までの一般的な流れ

転職前の退職・退社にあたり重要なことは、円満に、くれぐれも円満に退職することです。新しい会社で心置きなく活躍するために。今までお世話になった会社にできる限り迷惑がかからないよう、節度のある退職、就業規則に従った常識のある退社を心がけましょう。

各ステップのポイント

ステップ1:退職規定の確認

退社・退職を決意したら、まずは会社の就業規則における退社規定を確認しましょう。就業規則は会社における法律そのもの。「円満退社」を成し遂げるために、しっかりとルールを確認。就業規定に則った退社を進めていく準備をしましょう。

ここがポイント!

<1> 退社・退職の申し入れは退職日の何日前までに行うのか?
<2> 退職願いを出してからの勤務について
<3> 退職金の有無の確認
<4> 退社に伴う有給の消化について

ステップ2:退職の意思表示(上司への相談)

円満に退社・退職をするために。意思表示は、まず直属の上司に「相談」という形で行います。退職の意思表示において自分の意思を前面に出しすぎてしまうと、問題がこじれるもととなってしまいます。いきなり退職願を提出するようなことはせずに、まずは「相談」というスタンスで上司に退社・退職の意思と理由を伝えるようにしましょう。

切り出し方としては、上司に「お忙しいところ大変恐縮ですが、個人的にご相談させて頂きたい事があるのですが・・」と話を持ちかけてみましょう。この申し出で大抵の上司の方はその内容にピンときて、時間を作ってくれるはずです。
相手への礼儀も円満退社にとって重要な事です。

ここがポイント!

<1> まずは「相談」というスタンスで直属の上司に退社の意思表示を行う。
<2> いきなり辞表を提出したり、「○月○日を持ってやめさせて頂きます」という自分主体のやり方はNG。

ステップ3:退職日の設定

法的には「退職希望日の14日前に申し出ること」となっていますが、在職期間や担当業務によっては14日前の退社は非現実的であることの方が多いでしょう。「法律では問題ないから」と自己の都合を優先せずに、自分が退社・退職することで会社に与えるダメージやロス、同僚に与える負担等をしっかりと考えに入れて退職日を設定しましょう。

転職の場合、新しい職場の都合を優先しがちですが、今の職場に義理を欠くような退社・退職はマイナスにしかなりません。既に新しい職場での出社日が内定している場合にも、「勝手をいって申し訳ないのですが・・・」と前置きをした上でその旨を上司に伝え、退職にあたり最大限会社に協力したいという気持ちを伝えることが円満に事を運ぶコツです。。

ここがポイント!

<1> 退社日は、基本的には相手の希望を優先するよう努力する
<2> 最大限の協力をおしまない気持ちを相手に伝える事が円満ポイント!

ステップ4:退職願の提出

上司の了承を得た後に退職願を作成し、提出します。退職願作成のポイントは以下のとおりです。

退職願作成のポイント

<1> 書式:白地で無地のの縦書きの便箋に黒ボールペン、万年筆で記述。
<2> 封筒:表に「退職願」と書く。(退職届、辞表とはかかない)裏には所属部署と氏名を記述する。
<3> 著名:正式な部署名と氏名を記述し、忘れずに捺印をする。
<4> 宛先:宛先は上司ではなく、会社の社長宛とする。

ステップ5:業務の引継ぎ

担当業務の引継ぎは、退職にあたり最も重要な事項の一つ。後任者がスムーズに業務を引き継ぐことができ、会社へのロスが最小で済むような配慮が必要です。特に引継ぎのルールが決められていない場合にも、自ら進んでマニュアル作成等を行い、形に残すことが理想でしょう。

また、後任者を引き連れての取引先周りも重要です。単純に会社のプロフィールや担当者を教えるだけではなく、相手の性格や特徴等、形にならない部分についても自分が担当して持っていた「情報」として後任者に引き継ぐとよいでしょう。
面倒な部分かも知れませんが、頭にはいつも「円満」の二文字を!

ここがポイント!

<自ら進んでマニュアル作成!>
取引先の情報は担当者の特徴も踏まえてできるだけ多くを引き継ぐ。

ステップ6:退社手続き

会社に退社・退職に関する所定の書類がある等、事務的な手続きがある場合には社のルールに従いしっかりと行います。会社に返却すべきもの、退職にあたり会社から受け取っておくべき物を事前に確認し、余裕を持って対応を行いましょう。

またPC内のデータや文書類、文房具類に至るまで、扱いを確認し対応するように心がけましょう。

ここがポイント!

<1> 退社時に返却すべきもののチェック:健康保険証、社員章、制服、名刺等
<2> 退職時に受け取るもの:雇用保険被保険者証、源泉徴収票、離職票等
<3> PC内のデータや身の回りの小物類にも配慮を!

ステップ7:退職

退社・退職にあたり重要なことはしっかりとした挨拶です。上司や同僚、可能であれば社長にもしっかりと挨拶を行いましょう。

立つ鳥後を濁さず。みんなから「これからもがんばって!」と暖かい声をかけてもらえるような円満退社を目指しましょう。

ざっと見で直感ひらめく!千葉の求人一覧
【転職支援サービス】千葉での転職を強力にバックアップ!完全無料!詳しくはこちら
【転職求人メルマガ】千葉県の最新転職求人をメールでお知らせ!詳しくはこちら
【転職支援サービスご利用のメリット】専属コンサルタントと歩む転職への道
【夜間転職登録受付中】受付時間:月曜~土曜 9:00~22:00
【人材をお探しの企業様へ】千葉専門求人情報掲載サービス
運営会社について

このページのTOPへ